きょうのできごと。

日々の戯言。 撮った写真とかの投げ込み場所。

2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書道ガールズ

懐かしい故郷の景色がスクリーンで見えるので――、見てきました『書道ガールズ』。
いや、いつでも田舎には帰れるので態々景色を懐かしんで見る必要はないんですが。
TV見ないんで書道パフォーマンスとか、映画の予告を見るまでまったく知らなかったんですが^^; 
活き活きした書道部の面々の熱さと活躍に引き込まれつつ見ましたが、思った以上にホロッと感動できる仕上がりで良かったです。

てか、とにかく景色に目がいってしまうのは、そこを知ってるからこそですね。
ユッカさんとか学生時代に買い物に寄ったりしていたので店内の間取りとか雰囲気思い出したり、市役所とか駅とか、中学高校と通った学校の体育館とかが舞台として映るたびに懐かしかったり。
ああ、この運動場に整列したなぁとか、あの中庭でビニール袋のクジラ浮かしたなぁとか、そうそう、この壁はこんなかったんだよなぁとか、トタン壁の工場になんか見覚えあるなぁとか、桃山公園のタコ入道で自分も遊んでたなぁとか。
とにかく自分の学生時代思い出して懐かしく嬉しく楽しかったです。

疎遠になってしまってるけど、みんな元気にしてるかなぁ。
スポンサーサイト

レッド・クリフ

見てきました、レッドクリフ。
思っていた以上の迫力で、2時間半ほどがあっという間でした。
ってか、?が来年四月公開って遠いですね。早く続きみたいなぁ。

各人物が際立っていて結構魅せる構図になってますね。戦い方など、それぞれの見せ場もかっちり用意されてて飽きませんでした。
というか、「八卦の陣」だったかな… 徹底的に敵兵を殲滅する遣り方は惨いなぁと思いつつ、具体的に両陣どう動くのか、対応していくのか、動きが俯瞰とか接近とかでじっくり見れて、その戦い方にただただ圧倒されました。

【シルク】

19世紀のフランス。
軍属の青年が休暇で故郷へ戻った時の事。製糸業を営むヴァルダヴューから、蚕卵を入手するためにアフリカ行きを依頼される。
軍を辞し、愛する娘と結婚し、アフリカへ蚕を買い付けに――。しかしアフリカの蚕は病に冒され、新たに健康な蚕を求めて、遥かに遠い日本へと買い付けに赴く事になるのだった…。




新妻エレーヌを置いて遠い旅へ。
極東の地・日本で蚕を買い付け国へ戻る。
再び蚕を買い付けに日本へ。
政情不安定なれど…更に日本へ――。
最後は、蚕ではなく日本で出会った女性が忘れられず気になって気になって、それゆえの渡日。

切っ掛けは、読めない短文(日本語)に書かれている内容が気になる、って所からだよね。
そこから東洋系の神秘にのめり込んでいったような感じでしょうか。
予告を見て、本編を見て、手紙に秘められた秘密に吃驚しました。
それと同時に違和感から納得へ転換。
やっぱり「ためらわず私を忘れてください」は、儚いエレーヌのもつイメージでした。

日本パートははっきり言ってどうでも良いなと言う感じでしたが、主人公の和の装いはなんか可愛かったです。雪降り積む村の感じとか、唄とか、川が温泉とかも良かったかな。
あと、久し振りに時代劇調の役所さんが見れたのが嬉しかったです。
千石に会いたい…。とか、それこそ無関係な感想(笑)
フランスパートでは、エレーヌが見所ですね。
学校で子供達を教えながら、エルヴェの帰りを待つ。
白百合が好きで、百合の咲き誇る庭を夢見、デザインし、蚕の全滅で村が貧窮した時に、エルヴェの決断で、村の衆を雇って仕事を与えつつ、エレーヌが夢見た庭園を完成させ、以後、その庭園がエレーヌとエルヴェの絆の場として扱われていく。
庭園造りの風景と、庭園で交わされるエレーヌと青年の、エルヴェと青年の、それぞれ託すものの違う静かな会話が印象的でした。

【スウィーニートッド・悪魔の理髪師】

腕の良い理髪師、美しい妻と可愛い娘。
市場で見かけた美しい女に横恋慕し、理髪師に冤罪を掛けて投獄し、その妻を盗み取った判事。
15年の歳月が流れ一人の男が船着場に足を下ろす。
右手に銀の剃刀携えて、狂気と復讐の虜になった男がすくうは、フリート街。


刑期終えて釈放された所から始まったのかと思ったら、どうも脱獄したらしいですね?
いやまぁ、そんな事はどうでもいいですが。

スプラッターだろうなとは思いつつ見に行ったのですが、うん、スプラッター。
ザックザック殺人が行われ、それがパイになりとやはりえぐかったです。
苦手な類の映画を何故見に行ったんだろうなぁと思いつつ、ロンドンの風景とか画がやはり雰囲気があって綺麗でした。
うん、町並みとか見たかったんだろうなぁ。それが一番。
スウィーニーの狂気を象徴するように、暗く沈んだ青を基調にした霞んだ世界は雰囲気満点でした。

まぁこうなるんだろうな、という予想点を違えることなく話が進んだので、その辺りは意外性も何もないのですが、最後に娘と船乗りの青年はどうなったんだろうなぁと。
その辺りはちょっと気になりました。
関係者は皆死んでしまったので、あの殺人者スウィーニーが自分の父ってのは解らないままかな。
若いのはどこかで幸せになっくれたら良いなと思いつつ、あんな場面を目撃してしまうと心にトラウマが残りそうだなと思います。 

【アース ?earth?】

やはり画が綺麗ですね。見応えがありました。

空を埋め尽くし渡りゆく鳥の姿
大地を埋め尽くすがごとくに大移動する動物たち
海から沸き起こる水蒸気が雲になり渦巻く様
色々と。
象が泳ぐ姿もなかなか圧巻でしたが、予告で海から飛び出して来て、
何か獲物をパクリとくわえていた黒い巨体。
私はてっきりシャチかと思っていたのですが、鮫でした。
びっくりした。
鮫もあんな風に海面から全身を露わにして飛び出すんですね…!
そして、やっぱり鮫の獰猛なあの口は怖いなぁ。

そしてこの映画。
このまま温暖化が進めば、どんどんと生態系は壊れゆき、
地球の環境も失われていってしまうから、皆それぞれにできる事をして温暖化を食い止めましょう。
ってメッセージがはっきりくっきり発せられてましたね。

うん、出来る事から一つずつ。エコっていこう。

 | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

早瀬

早瀬

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。