きょうのできごと。

日々の戯言。 撮った写真とかの投げ込み場所。

2005-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ドラゴン・ランス」 邦訳・全6巻

 天空から二つの星座が欠けた――。
 それは、暗黒の女王の地上への再臨と、暗黒の女王を追う戦士の降臨を意味していると魔法使いは言う。
古の神々の権力争いが再び地上に影を落す中、真実を求めて冒険者達の旅が始まる。



 随分と昔に読んだファンタジー小説ですが、懐かしくなって読み返しました。
どうもストーリー的には内容を余り覚えておらず、兎も角「面白かった」という記憶だけがあります(^^;) あとは非常にキャラクターが魅力的で、中でもとりわけ脆弱な魔法使いのレイストリンが好きだったなぁとか。
 齢を重ねると好みが変わるというか(笑) 今回読み返してみると、相変わらずみんな魅力的な人物なんですが、レイストリンも好きなんですが、タッスル(ケンダー)とフィズバン(老魔術師)とか、タッスルとフリント(老ドワーフ)とか、タッスルと誰かとか、フィズバンと誰かとか、その辺のコンビで話しが進む場面がすごく好きでした。子供と爺様とか、そんな組み合わせに微笑ましいものを覚えている様子です。
 や、リーダーでありながら…すぐにこう弱気になったり後悔したり仲間に対しても殺気を覚えたりしてるハーフエルフのタニスの悩みっぷりも面白いですが。

1巻・2巻については過去ログの読書感想に個別にもありますが(^^;)
以下、ネタバレになりますが読んでて特に記憶に残ってる好きな場面。

続きを読む »

スポンサーサイト

無事帰宅

 にわかお遍路から無事に帰ってきました。
 焼山寺で1泊の後、バスで藤井寺まで戻ろうかと思っていたものの、最寄のバス停まで3キロ余り歩かないといけないうえに、1時間に一本有るか無いかのバスで、かつよく判らない乗り換えがある模様。かなり時間が掛かりそうなので、結局、逆打ちで来た道を歩いて戻りました。
約13キロ。昨日は登りメインで8時間弱。でも、帰りは下りメインで5時間弱で藤井寺に到着。まぁ知らない道を行ったのにたいして、覚えの有る道を帰ったから迷わない分も早くなった感じでもありますが。

 帰り、高速を利用して吉野川ハイウェイ・オアシスで温泉に入ってきました♪
ここの温泉は初めて入ったんですが。数種類のお風呂に、大きな吉野川の流れに山並みが見渡せる露天風呂や展望サウナとかもあって中々良かったです(^^)
大人500円で、リンスinシャンプーとボディーソープ付き。脱衣所には無料のお茶も用意してあって、この料金ならお手頃。20時30分で札止めの21時までですが、おすすめな感じです♪ あれ、石鎚サービスエリアみたいに一般道からも利用できるのかな?

良いお湯でした(^^ゞ

20050426175908
四時頃、無事焼山寺に到着。
今日は宿坊泊まりです。境内では圏外だったのに、今メール受信したので確認したら…ここは圏内の模様。山ってよくわからないσ(^_^;
さぁ夕食はどんなかな?

残り四キロ

20050426134709
一本杉庵に到着。
杉ってこんなに幹から左右に枝別れしてガッシリした大木になるのかとビックリだ。
鳥のさえずりがなんと平和なんだろう。

再び出発

20050426122310
柳水庵でおにぎりを食べて、今から再び出発。残りの道のりは6キロなり。

長戸庵に到着

20050426100512
山道は景色が良くて、風が吹いてて気持ちが良い。
まだ携帯が使えるんだね。

空の休憩所

20050426082613
傾いた小屋の骨組みと、その奥にポツリと壊れたソファ。
眼下には吉野川と徳島の町並み。

何だか面白いね(^_-)

にわか遍路に出発?♪

今から藤井寺→焼山寺のお遍路道を歩いてきます。

携帯からこんにちは

20050422142403
 このブログ、携帯からでもメールで書き込めるらしいので実験。

 今日は天気が良いので久し振りに双海に来ました。風が強いから波の音がする。潮の香りも強いね。
 さて、写メも添付するだけで載せれるのかな?

『インファナル・アフェア 3』

 マフィアから警察へ潜入していたラウは、善人になりたいと強く願う。潜入マフィアではなく、本物の警官で在りたいと。
 潜入警官だったヤンの死後もラウに安寧は訪れない。自分の正体を知る(かもしれない)潜入マフィアを1人残らず抹殺せねば自身の安全を保証できぬからだ。――残る潜入マフィアは、あと3人。それは、誰だ?!


 現在と、過去。挙句にラウの妄想により死人までが血肉を持って活き活きと存在している(気がする)為に、初見ではちと時間軸が混乱に輪を掛けて混乱してしまいましたが、あぁそう云うことか!と興味ぶかかったです。
 何より、やっぱりあのレコードの曲が良い。えぇと、あの「シェイシェ?イ」ってヤツですが(笑) この出だしを聞いただけで、あぁインファナル・アフェアだなぁとシミジミ思ってしまいます。
 取り敢えず… 1・2・3と通しでもう一度見てみたいなぁと思う作品でした。一度より二度、二度より三度、でより多くの物が見えてくる作品なんだろうなぁと思います。

 …ところで、ネタバレ無くして感想が書けませんよ、これ。
って訳で、ネタバレOKな方は 続き からどうぞ。

続きを読む »

『コーラス』

 フランスの片田舎、とある寄宿学校のお話。
 親元を離れ寄宿舎で集団生活する子供達は、落ち着きが無く悪戯好きで反抗的。そんな子供達に対抗するように、校長は規律を厳しくし体罰を推奨し、常に生徒達と教師陣は対立していた。
 しかし、ある日赴任してきた舎監のマチュー先生と触れ合う内に、子供達は少しずつ心を開き始める。


 荒れた学校、非協力的な問題児達。歌と更正、喜びと自立心。
 と云うと、真っ先に頭に浮かんでくるのは「天使にラブソングを」なんですが、大雑把に見るとコレもそんな感じ。でも、あちらほどエネルギッシュではなく、ゆっくりと時のうねりの中で築かれていくマチュー先生と子供達の絆や、先生同士の連帯感など、じんわり染み込んで来るような温かさのあるストーリーでした。

 マチュー先生の大らかさと温かさが好いです。それに、子供たちが歌うという行為を通して、次第に活き活きと目を輝かしていく様が良い。

以下、ネタバレを含む感想になります。

続きを読む »

ブログ始動?♪

取り敢えずレンタルしてみました。
設定はこんなので良いのかな…。
まずは実験兼ねて試し書きで(笑)

続きを読む »

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

早瀬

早瀬

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。