きょうのできごと。

日々の戯言。 撮った写真とかの投げ込み場所。

2005-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『フェリックスと異界の伝説』 2巻

『フェリックスと異界の伝説』<2> 世にも危険なパズル

 図書館でふと目についたんですが… ん? 背表紙の色が違う?
良く見ると、2巻でした。先日1巻を見つけて読んだばかりなのに・・・続き出るの早いなぁ。早速借りてみました♪ 3巻もサクッと出てくれたら良いなぁ。

 石にされてしまった両親を元に戻す方法を探す為、フェリックスは再び分水界を越えて異界へ。しかし、1年前に訪れた時とは何かが違う? ――去年フェリックスが異界にもたらした科学が、この魔法の世界に変化を与えてしまっていたのだ。
 石化を解く魔法を知る人物を探すフェリックスは、やがて懐かしい友達と再会したり、新たな出会いを繰り返しながら旅を続ける――。


 1巻から引き続き登場するブラズル達やシニストロム、妖精のベトニー。2巻から新たに登場する空飛ぶ絨毯や、ランプの妖精。やっぱりみんな其々に個性的で、読んでいて面白いです。アイアンクローとレオナ(スフィンクス)の、互いの頭脳価値を認めあった友情めいた関係も好きかな。っちゅーか、アイアンクローが相変わらずで可愛いです(笑) あれ? この巻に息子が出て来なかったけど、彼はもう出ないんだろうか…。
 でも、この話の中で一番成長しているのは、主人を持たないシニストロム(影の野獣・悪い事しかしない生物)のグリムスパイトかな。そして、彼が一番好きで、一番応援してやりたいかも。
 主人に命じられるまま、悪逆非道の限りを尽くすのが性分だったシニストロムが、主人を失って命令を受けられなくなり、自分がどうするべきなのか、自分で考えなくてはならなくなった。「個」の認識ですね。今までやってた事にはさほど興味を持てなくなった。自分に降り掛かった事を自分で受けとめ、自分の感じた事を他人も感じる事だと認識する。相手を思いやることを自然と覚えるのは、根が素直だからだろうなぁ。きちんと悪いと思って謝れるのは凄い事だと思う。グリムスパイトは喋り方も愛嬌があるから憎めないんだよね。
 そう云えば…グリムスパイトの主人はアイアンクローな訳だけど、顔まで合わせてるけど、双方ともにその事実に気付いてないんだろうなぁ…。そもそも小石が無くなっているからもう関係ないのかな。

 ところでネタバレですが…

続きを読む »

スポンサーサイト

久し振りに映画♪ (BlogPet)

うさたが、バレで防大生と、大きい亡国とかをイージスしなかったよ
今日うさたは「ローレライを専任したかった」
ローレライとかちっちゃいな
大生で父親とかを専任しなかった
今日うさた
専任伍長、映画感想にはならなかった
細かく防大生や亡国とか、ローレライ
の方が好きだったなあ
と、うさたは思ったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「うさた」が書きました。

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

早瀬

早瀬

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。