きょうのできごと。

日々の戯言。 撮った写真とかの投げ込み場所。

2005-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無事 帰宅♪

只今帰りつきました。何とか、日帰り九州ツーリング達成(笑) 走行・約500キロなり。
寒さで身体じゅう凝った感じです(^^;) こんな時間だけど、お風呂ためて暖まってから寝ようかな。

ところで、休憩ついでに久し振りに意識して夜空を見上げました。
…すごく星が綺麗。
スポンサーサイト

フェリー乗り場に到着

20051031202704
 どうやら、今日中には家に帰り着けそうです(^^)v

 明日から九四フェリーは新料金。写真では解り辛いけれど、もう料金表示などは訂正されてました。上から白紙で覆ってあって、明日外すらしい。

マジで寒い…

20051031180004
 サービスエリアに立ち寄ってはや30分。寒くて外に出たくない。あぁ…ついに外も真っ暗になっちゃったよ(^^;)
 湯布院から高速に乗って、今、別府湾SAです。ここ、本当に眺めが良い。別府の町と海が一望です。SAに温泉があれば良いのになぁ。
 さて、別府で降りようか、大分まで行こうか。そろそろ出発しなければ。

寒くなってきた

20051031153005
三時を回ると冷えてきますねぇ。
こーやってメールを打つために止まると、まだまだ太陽はポカポカと暖かいんですが。
車が通らないときは、あちこちから虫の音が聞こえて、やまなみハイウェイは牧歌的な景色です。

さぁ、そろそろ休憩終わり!
出発しようかな。

慈恩の滝

20051031131215
通りがかりに滝を発見。撮影ポイントにもなってるらしい。
姿が綺麗で大迫力。歩いて滝裏も通れたよ。
ここの滝壺は確かに大蛇が住んでいそうだね。

お腹一杯(^-^)

20051031120004
前に通りかかった時は建設中だった「道の駅ゆふいん」が完成してたので、立ち寄って「地鳥焼き定食」食べました。満腹満腹o(^o^)o
茶碗が控えめサイズだったので、おかわりまでしてみたり(笑)
 さて、もう少し休んだら出発するとしましょうか。

道、間違えた…

20051031104516
別府通りすぎて、湯布院の町中で道を間違えた模様σ(^_^;
Uターンしやすい場所を求めて走りすぎた(笑) そろそろ引き返して正しい道に戻りまする。
 それにしても… やまなみハイウェイ、ススキは陽に光るし、山は色づき初めてるし、最高に気持ち良いです(^^)v

出航?♪

 四時半起床。皿洗いやゴミ出しに時間がかかって出発が遅れ、五時半出発。外はまだ暗く、夜空には赤く星が輝いている…。さらには道中雨に降られ、間に合わないかと思ったフェリーだけど、何とか乗れました。これから九州へ行ってきま?す♪
 でも、割引を使ってとはいえ、三千円で四国/九州を往復できるのが今日までって、ちょっと悲しいなぁ(>_<)

無事 帰宅。

 19時前に、石鎚から無事帰ってきました♪ 最後の10分ほどの間、ちょこっと雨に降られてしまったよ(^^;)
今朝、天気予報で夜には雨が降ると聞いて、日帰り九州は断念したんだけど…これは正解だったな。
 今年は紅葉が遅いと思っていたけど、山に行くとやっぱり紅葉が始まっていますね。中々綺麗でした♪

 石鎚スカイライン、やっぱり紅葉のシーズンだけあって車やバイクが多かったです。観光バスも何台も走っているし。
 …観光バス、前を走られるの嫌いです。いや、仕方ない事とはいえ遅いし、排気ガスが酷いし、道譲ってくれないし。
 前をバスが走っていたから、バスに合わせて時速20?30kmで走行。まぁ、ゆっくり景色を見ながら走れて良い感じではあります。排気ガスが酷くて眼前の空気までが黒いので、車間距離は敢えて車2台が前を走っているくらいの想定で開けてました。

 それから、瓶ヶ森スカイ林道。全線完全舗装になっているのでこの時期は車の通行が多いです。
 こっちもあっちも景色見ながら運転しているので危ない。あ、対向車が来た、と思って運転手見ると思いっきりよそ見していたりしますし(^^;) まぁ双方スピード出してない状態なので大惨事になったりはしないようですが。1?1.5車線なのがちょっぴり怖くもある林道です。
 …車対車なら減速して端に寄るのに、バイクが相手だと半分以上がスピード落さず道も譲らず真ん中直進してくるので、こちらとしては肝を冷やしたりもします。バイクは元々キープレフトで走ってるから、これ以上寄れないんだよ…。少しで良いから端に寄っておくれ…。

 紅葉は、石鎚も良いけど、やっぱり瓶ヶ森が最高ですね(^^) 青い空、白い雲、緑の熊笹、赤黄橙の樹、色味が凄く綺麗です。
 石鎚スカイラインを走る人は多いけど、そこから瓶ヶ森の林道に行く人は少ない。土小屋の駐車場で休んだ後は引き返す人が多いんですよね。林道抜けても西条や高知に出られるんだけどなぁ。
 そんな訳で、四国に住んでいるのにこのスカイ林道を知らない人は勿体無い事をしているなぁと思う。

…デジカメで何枚か写真撮ったけど、パソコンに取り込んでリサイズしてアップロードして…と考えるとやっぱり面倒だな。
その点、携帯は取ったらそのままメールに添付してブログに投稿できるのが手軽でいい。
そう思うと、やっぱりもっと良いカメラのついた携帯が欲しくなるなぁ…。

石鎚スカイラインを走行♪

20051028132105
 まだかと思ってた紅葉だけど、随分色づいてますね(^-^) まだ盛りではないけれど、淡い色味が調和して凄く綺麗です。
しかし…寒い…(>_<)
 紅葉が綺麗に写せないので、写真はそらで(笑)

 さて、この後は大好きな瓶ヶ森のスカイ林道走って帰ることにします。

可愛いなぁと思う (BlogPet)

きょううさたがながると出現された!


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「うさた」が書きました。

懐かしい

バイトに行ったら、バイクが停まってました。
うわ?っ 懐かしい! と視線が釘付けですよ、私(^^;)
昔乗ってたのと全く同じバイクなのです。
……10年以上昔に売られていた、今は無いバイクだよ。
むしろ、自分が乗ってた、今は弟が乗っているはずのバイクなんじゃないかと思ってしまいましたが、ナンバーが違うのでやっぱり別のバイクなんだろうな。
持ち主さん、大切にしているんだろうなぁ。車体、凄く綺麗だったもん。

可愛いなぁと思う

 今日、職場に小学校の遠足が来ていました。
 や、それ自体は珍しくないんですが、今回の学校は小規模なところだったようで、低学年から高学年まで一纏まりで、引率の先生に連れられて仲良く遊んでいました。
 集合時間になるとバスを止めているところまで列を作ってゾロゾロ歩いて行く訳ですが、私の持ち場からはゲートを出て行く子供達の姿を遠くに眺められます。
 小指ほどの大きさの子供たちが行列つくって歩く姿が見えて、こちらから見えると云う事は向こうからも見える訳で、気が付くかなぁ?と、待機しているスタッフ3人で子供たちに向けて手を振ってみました。
 子供の一人が気が付くと、手を振ってくれます。それに気が付いた近くの子が更に手を振ってくれ、それが伝播して、次々と手を振ってくれる子が出現します。しかも、みんな手を振り出したらいつまでもそれを続ける。こちらも止めるに止められず、延々と手を振ります(笑)
 子供の集団って、必ず何人かは大きく両手を振りまわしてくれます。歩く動作も大振りになってダイナミック。それがあちこちに何人も出現したりするので、思わず微笑んでしまいます。小さい子たちって可愛いなぁ。
 挙句に、先生がそれに気付いて行列を止めたりします。全員固まってこっちを向いて、何事かと思えば、声を一つに合わせて「さようなら?」
せーのーでー と揃えて出す子供たちの声。これが、めっちゃ可愛い。思わず仕事の疲れも癒される出来事でした。

 あれだけの大声を、何の遠慮もなく全員で出せる。これは町中では出来ない事。
腹の底から声を出す機会って、大人になるとそうそうありませんが、子供にしたってそれは同じ事。
あとあと忘れるにしても、その一瞬は、これもまた子供たちにとって楽しい思い出の一つになるのかなぁと思います。

「セブンソード(七剣)」

 謀反を恐れた皇帝により「禁武令」が発令され、武を学ぶものには死がくだされた時代。
「禁武令」を逆手に取り、武術所やそれらに関わる人々村々を殲滅して皇帝に差し出し金子を手にする集団があった。その魔手がある村に伸ばされた時、村の若者がふたり、天山へ助けを求めた。
求めに応じて天山より伝説の剣を携えて剣士が現れ、村を助ける為に手を差し伸べる――。


 いいかげん内容も忘れかけてしまってる感じですが…、まぁ少しでも記憶に残っているうちに(笑)
 感想として、どんな映画だったかと問われれば、あえてお勧めはしない。流石に駄作とまで言い切るのは、この作品に対して可哀相だが。
「『HERO』も、『LOVERS』もこの作品の登場を待つための壮大なプロローグにすぎなかった。」は、嘘だ。これに比べられるとこのニ作品が不憫ですよ…。

 私にしては珍しく、予告を一度も見る事なく映画を見に行ったんですが、冒頭の残虐な殺戮シーンに眉を潜めつつ見ているうちに物語は進み、物語の核になる村と、その村の若者が紹介され、済し崩しに助けを求めて「天山」の伝説の剣(と、それを扱う刀匠と剣士)へと流れて行きました。
 唯一の情報源だった映画チラシの内容を思い出しつつ見るわけですが、何が伝説の剣で、誰がどう伝説の剣士なのか判らない・・・。彼らが何故「天山」に隠遁しているのかも説明がないまま、どんな過去を背負っているのかも知らぬまま、尚且つ「伝説の七剣士」かと思いきや、七剣の内の二振りは村からきた若者二人に授けられ、案内役を務めた瀕死のおっちゃんを加えて「七剣士」が成立する展開にあっけにとられました…。なんじゃ、そりゃ。意外な展開なんだけど、驚かされ感嘆するよりも、腑に落ちない…。
 映画を見終わってチラシを見なおすと、チラシにはどどんと真ん中に七つの剣が描かれている。しかし…それを扱った剣士と、その戦い方が、半分くらいどうだったのかイマイチ思い出せない。印象に残った剣は3本で、あと、やたらと目についた剣は1本。残り3本はどんなだったっけ?! 誰が持ってて、どう使われていたっけ?!(汗) と、そんな感じです。

 でも、この映画を通して、印象に残ったし良かったなぁと思う場面が一つだけありました。
 剣を与えられた素人の女性。助けを求めて行った村人の一人だけど、剣を使いこなせず自棄になったり健気に努力を重ねたり。この子に剣の使い方・戦い方を教えたのが天山に篭ってた剣士の一人。自然な流れでいつの間にか訓練になってしまってて、でもそれが真剣であったり不器用であったり、動きが舞踏のようであったり、中々良い感じでした。このシーンだけは、見れて良かったなぁと思います。

蛇の共食い (BlogPet)

一番新しいデータから逆送りに見せられたの一点に黒っぽい塊が映ってる…
流石に今頃は獲物を丸呑みにする
ってのは聞いた、と言ってました
だって♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「うさた」が書きました。

秋晴れの一日

でも、目が覚めたらお昼過ぎてました…。
今日の休みを利用して、日帰りで九州の阿蘇辺りまでススキを見に行こうと思ってたものの、三崎から出るフェリーの第1便に乗る為には、早朝…5時くらいに家を出ないと間に合いません。
しかし…4時半にかけておいた目覚しは当然の如く気付かず寝過ごし、それどころか、自発的に目覚めると、とっくに正午も過ぎていたり。
ん?、やっぱり繁忙日2日続き+バイト明けで三時間睡眠じゃ起きれないか(^^;)
やっぱり県外に出る予定は泊りがけで考えたいですね。もぅ昔のような無理は利かないなぁ。

それはさて置き、出掛ける為にフェリーの時間に変更はないかとHPを調べていて、この秋から運賃が変更になった事を知りました。
うーん、結構値上がりしているなぁ…。石油値上がりの影響だって。
三崎から出ている国道フェリーは、10月一杯は今までの値段らしいから、今月中に1度は九州に渡りたいなぁ…。でも連休はないんだよなぁ…。

ハイウェイ・カード

 5万・3万のカードが使えなくなった時は、それでも・・・そんな高額のカードを買うことはないから気にならなかったけれど、全面廃止になると言うのは、正直痛い。
 滅多に高速なんて使わないけど、遠出する時は時間短縮の為とか、体力との兼ね合いで、やっぱり高速も使うわけで。
 バイクでも、カード一枚さっと出して清算して料金所を一撃離脱出来てたのに、財布からモゾモゾとお金を取り出すようになると、支払いにもお釣の受取りにも手間が掛かります。

 料金所は、後ろに並んできた車の気配が怖いんだよなぁ。
 昔、一度だけだけど、後ろに並んだ車の運転手が何か叫んで(フルフェイスなので明確に聞き取れません。)、バックして隣りのゲートに入り直したことがあります…。冬で、手袋外さないと財布からお金取り出せない状態だったんだよね。だからゲートで時間が掛かる。
 しかし、正直言って、あの時二つあるゲートの左側をバイクが1台利用してるだけだったのだから、最初っからあの車は右のゲートに入ればよかったんだよな・・・。

やっと脱出できた…

 今日、自宅のトイレに閉じ込められてしまいました…。
 どうもドアノブの取付ネジが弛んでいたらしい。入ってドアを閉めた途端、カンッって音がしてノブが外れ、床に落ちて跳ね返ったノブはそのままポチャン…。嘘のようなギャグのようなタイミングと成り行きで、えっ?!と呆然としている間に取り返しのつかない事に。ウチ、汲取り式なので中に落ちたらもう取り戻せません。

 梃子の原理は偉大だなぁとつくづく思う。
 ドアを開けようと試みたものの、ビクともしない。ノブだと簡単に回せるのに、ノブがないと細い棒状の金具の部分だけが飛び出していて、これがまたバネの力とあいまって、手で掴んでも回す事は出来ませんでした。無駄な努力を重ねていた所為で、今も指先がジンジンします(^^;)
 正攻法でドアノブを捻って戸を開けることは断念。では、どうやって外に出るか。出られるのは、ドアか窓。ドアはそのものを蹴り壊しでもしなけりゃ開けられそうにない。窓は、格子がついている…。上下のネジを4箇所のけてやれば格子部分だけ外せそうだ。あぁ、でも窓ガラスを外さないと、このサイズの窓からは出にくいし、格子の所為で窓ガラスをのけることが出来ない…。
 ネジをのけるためのドライバー… いや、そんなものトイレに置いてる筈がない。なにか代用できそうなもの… ノブが落ちた際に一緒に落ちたらしいネジを発見。ネジの頭部分を使って格子のネジを外せないだろうか。…努力してみたが無理。他に何か… トイレなのでそもそも何もない。トイレットペーパーや消臭材じゃ何の解決にもならんわな…。携帯でもあれば助けを呼べるが、そんなもの、帰ってきてから机の上に置きっぱなしだ。
 ネジを外せないなら仕方ない。ドアと格子、どっちの方が壊した際に修理代が安く済むだろうか。そんな事を考える。
 色々と無駄な努力を重ねていると、窓の外にチラリと見える駐車場に、車のライトが差し込んできた。ひょっとして……! 暫く耳を澄まして様子を覗ってると、階段を登る靴音。ひょっとしてひょっとすると、お隣さんか?!
 お隣さんでした。鍵を開けようとガチャガチャやってるところに「こんばんは?」と声をかけてみました。格子の間から手を突き出してヒラヒラ振りながら「こんな所からすみません…」 ビックリ顔でお隣さんが顔を見せてくれました。
 理由を説明してウチに入ってもらい、外からドアを開けてもらいました。良かった、何も壊さずにすんだ…!

 さて、今度ホームセンターに行ってドアノブ買ってこないとなぁ…。

新刊発見!

仕事帰りに映画を見にいって、ついでに本屋に立ち寄ったところ、新刊発見しました。
「アルスラーン戦記」です。うわ? この小説、いったい何年ぶりだろう(^^;)
あまりに久し振り過ぎて前巻までの内容をスパッと忘れてしまってますが(笑)、でも懐かしい彼等の活躍がまた見られるのが嬉しくて、サクッとお買い上げしてきました♪

ブレーキレバー交換 (BlogPet)

先日ややこしそうだったのになレバーを交換しなかった?
ネットでややこしそうだったのに(笑)さて、昨日
仕事終わってバイク屋さんへ行ってきました
自分と、早い面倒とか抜いてしまい、パソコンの電源がプチっと落ちました
昨夜、日記かいてたらうっかり足でコードを引っ掛けてコンセントとか抜いてしまい
うさたが、お持ち帰りです
前は、後が1ミリくらい残っていたバイクとかブレーキパッドだけ買取りでお持ち帰りです
多分次の車検頃で交換されたつもりだったつもりだったよ
自分と、早いようです
とか思った?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「うさた」が書きました。

蛇の共食い

蛇は獲物を丸呑みにする。ってのは聞いた事があります。
でも、実際に(現在進行形で)お食事中の蛇は見たことも無ければ、見たという話しを聞いた事もありませんでした。
…昨日までは。

って訳で、昨日のお話し。
母が、真っ黒いカラスヘビがマムシを丸呑みにして茂みの奥にきえていったのを目撃してビックリした、と言ってました。マジかい(汗)

――マジでした。デジカメで写真撮ったからと見せてもらってしまった…。
動画録画じゃなく何回か撮影しているので、コマ送りで見せてもらったその様子が、生々しいというより何だか滑稽。蛇の世界も大変だなぁ…。
因みに一番新しいデータから逆送りに見せられたので、

「ほら、太いヘビでしょ?」(1枚目)
確かに黒くて胴回りがちょっと普通より太っている長いヘビの姿が。
「ほらほら、尻尾見えるでしょ?」(2枚目)
黒い蛇の口からチラッと茶色い細いものが出ている…。
「ね?」(3枚目)
黒い蛇の口から茶色い斑っぽい、蛇と判る形状のものがそこそこ見えてる。
「これ凄いでしょ?」(4枚目)
黒い蛇の口から、さっきよりも長く茶色い蛇の体が見えている。その蛇の身体は、黒い蛇のとぐろを巻いた身体に巻きつかれ押さえ込まれている。
「黒い塊が見えたから何かと思ったんよ?」(5枚目)
道路の一点に確かに黒っぽい塊が映ってる…。 これが、この蛇達だったらしい。

小さい方、マムシとはちょっと柄が違う気がするけど、カラスヘビ、種類の違うヘビを頭からチュルンと丸呑みですよ…。こんなん、初めて見た…。
流石に今頃は消化されているのかなぁ。成仏してね。

でも、むしろこれ見ながら、年末のハプニング特番とかに送ってみたら賞を貰えるんじゃないかと思った(笑)

不在者通知

通販のフェリシモから荷物が届いたらしい。私の留守中に。
当然の如く「不在者通知」が残されていたけど、これが郵便局のもの。
フェリシモって郵便局使ってたっけ? こんなの初めてだ…。
何かの間違えじゃないよなぁ…と不審に思いつつ受け取りに行きました。

頼んでいた商品が予想以上の人気で生産が追いつかず。後日別送になるので、次回の申し込みの都合もあるし――と、カタログのみ発想されていた模様(^^;)
だから、郵便局の冊子小包だったんですね。
色んな事があるんだなぁ…。

焦ると忘れる

 ようやく終りました、三連休。なんだか三日間とも寒かったですね。
 もとより天気予報的にも寒いだろうと覚悟していた私達には、それなりの覚悟と供えがあった訳ですが――。お客さん達、気軽に自宅近辺の温度にあわせた格好で(まだTシャツとか夏仕様多し)、遊びに来てはみたものの…余りの風の強さに、ガタガタと震えつつ寒さに堪えているの見るのは気の毒でした。

 さて、仕事帰り。
 自動車を1台挟んだ前方にカブのおばちゃんがおりました。
右折の指示器出して対向車が止まってくれるのを待つものの、中々流れは止まりません。ようやっと車と車の間の距離が開いている状態を見つけて、慌てて発進。直後に車も私も続きます。
 バイクって、方向指示器は出すと自分で解除してやらないといけません。これ、うっかりすると忘れてしまうんですよね。
 カブのおばちゃんがそうだったようで、右にカチカチと指示器を出したまま走ってます。いつ気が付くんだろうと何となく気になって見守ってたんですが…気付かない。
これは…次に曲がる時に指示器を使うまで気が付かないのかなぁと思ってたら、右指示器のままで左折。あちゃ?、小さくない十字路なんだけど、その時は偶々他の車両がいなかったので指示器を出さずに曲がっちゃったんだろうね。実は右指示器のままで。後続の車が(私にとっては前方ですが)一瞬ハンドルを迷わせたような動きを見せましたが・・・あれは危ないよなぁ。
 その後もずっと右の指示器が出っぱなしで、右のウインカーつきっぱなしですよと教えたいのだが教えようもなく、そうこうする内に私が自分の家にたどり着いてしまったのでした。
…あのおばちゃん、目的地に着く前に指示器直せたかなぁ。
 あれは、ちょっとしたミスだけど事故を誘発しかねない。気を付けたいうっかりミスです。

『サジュエと魔法の本』 上・下巻

 ある日、大魔法使いとして名高いおじいちゃんの家に遊びに行ったサジュエは、書斎で不思議と気を惹く赤い本を見つけた。本を手に取った途端、頭の中に呪文が浮かび上がり、サジュエの体は物凄い勢いで空を飛び、はるか彼方の森へと飛ばされてしまった。魔法を制御する術を知らないサジュエは、本の力に振り回されるままに飛び、ついには湖へ墜落する。そこでサジュエは薬草を取りに来ていた青年と女の子に助けられ、つかのま会話を交わすも、再び本の力により書斎へと飛び戻る事になる。おじいちゃん曰く、それは強大な力を秘めた「朱の書」と呼ばれる"風を自在に操る魔法"が記された本だった。
 「朱の書」「青の書」「白の書」「玄の書」、四冊をあわせて『四神経』と呼ぶ。この四冊を手にするものは世界を支配する力を手にするという。朱・青・白はそれぞれ大魔法使い達の手により護られ、玄は邪導師が持つ。そして、今はまさに邪導師が世界征服を宣言し"四神経"を集めようと暗躍しはじめた時だった――。



 読み始めて、まずは文体に驚いた。久し振りに「ですます調」で書かれた児童書を読んだ気がする。や、読み易い文体でしたが。
 魔法の苦手な男の子が、最初は魔法の本の力に振り回され、世界を脅かす邪導師が現れ、色んな人と出会い、協力し合い、本の力を読み解き、やがて邪導師と対決する。
 作中様々な人物・種族が登場するけれど、それぞれキャラクターが魅力的でした。特に"盗み屋"のルイジとリンダが好きかな。このふたりは自分の弱さも引き摺っているけど、それを自覚して認めているから自身の在り方が強い。RPGをやる時に、主人公達にこの2人の名前を付けたいなぁとか思うくらい好きです(笑) そして、みんな性格付けが面白い。ルイジはまさしく"兄貴"で、ぶっきらぼうでいて親切でもあり自分の芯を持った強い人。リンダとふたり、幸せに暮らしてほしいなぁ。
 でも、一番好きなのは天狼星の剣士ことカンフィーかも。ルイジと出会って
恩讐に捕らわれた自己の姿に向き合うようになり、そこから自分の心を鍛えなおしながら本質的な剣士へと変貌していった姿が、なんとも格好良いです。朴訥で純粋な人物だからこそだろうなぁ。

 もちろんこの物語自体も面白かったんだけど、400字詰め原稿用紙2枚のおはなしがこのボリュームに膨らんだという後書きに面白さを覚えました。人の心の翼、空想力って凄いですよね。

ブレーキレバー交換

昨夜、日記かいてたら うっかり足でコードを引っ掛けてコンセントを抜いてしまい、パソコンの電源がプチっと落ちました…。
あとは投稿するだけだったのに?(><) 面倒なのでそのまま止める事に(笑)

 さて、昨日。
 仕事終わってバイク屋さんへ行ってきました。先日折っちゃったレバーの交換に。
…あれ?
ブレーキレバーってこんなに簡単に交換できてたっけ? 昔乗っていたバイクは何回か交換してもらったけど、もっとややこしそうだったのにな・・・。
これなら自分で交換できるかもと思ったり。そしたら工賃も要らないしなぁ。
 ブレーキパッドも交換してもらうつもりだったのだけど、はずしてみると思っていた以上に残っていたので、もうしばらく使い続けることにしました。
取り敢えず、取り寄せてもらったパッドだけ買取りでお持ち帰りです。
前が2ミリくらい、後が1ミリくらい残っている状態。多分次の車検頃で交換でしょうといわれました。
それにしても… やっぱり私は後ろブレーキを多用するので、磨り減るのも後ろが早いようです。車検まで約半年、前ブレーキをもちっと使い込んでおくようにしないとなぁ。

生きてます。 …でも、こけてます。 (BlogPet)

今週中にまた大金が飛んで行くよ……
とか書いてみるの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「うさた」が書きました。

生きてます。 …でも、こけてます。

 うわぁ、ブログ書くの何週間ぶりだろう(^^;) や、先ほど9/30分にひとつ書き込みましたが。

 さて、9/23にPS2のゲームソフトが発売されまして、当日にゲットしてきてからと云うもの、仕事から帰ると寝食も忘れてプレイしておりました。昨夜、やっとクリアできたのでネットにも復活!です(笑) あとは…攻略サイト見ながら毎日チマチマと遣り込みプレイで、完璧クリア目指して2周目に突入しようかと思ってますが。

 さてさて、タイトルですが。
 久し振りにバイクこかしました…。今朝、ローソンの駐車場から出ようとしてエンスト(^^;) あぁ…やっぱりこれからの季節、暖機運転はしっかりしておかないといけないなぁ。ストンッとエンジンが止まった途端、バイクって重たい鉄の塊になってしまうので、足場の悪さもあって支えられずガシャン!と…。歩道をまたいで車道に出るあたりって、路面の傾き加減が中途半端に大きくて嫌いだ・・・。
 バイクを起したら、ブレーキレバーがポッキリと折れてました。カウルは大丈夫だったけど、エンジン部分にまた抉り傷がついてしまったなぁ(悲)
 丁度ブレーキパッドも交換が必要な時期になってるんで、バイク屋さんにレバーと合わせて注文しました。嗚呼、今週中にまた大金が飛んで行くよ……。

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

早瀬

早瀬

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。