きょうのできごと。

日々の戯言。 撮った写真とかの投げ込み場所。

2005-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「キング・コング」

 予告見てからずっと楽しみだった「キングコング」を見てきました。3時間強と云う長さを感じさせないほどで、とても面白かったです。
 中盤(髑髏島)以降、あのジェットコースター並の急展開で手に汗握らす大迫力は、是非にも映画館で。音響設備が良いところなら、なお良し。耳元掠めて飛んで行く音とか、ゾクッとしましたよ。

 映画監督カールは窮極の瀬戸際にいた。なんとしても撮りたい映画があるのだが、スポンサーがその座を下りようとしているのだ。スポンサーから最後通牒をつきつけられる前に、カールは脚本家や女優を引き込んで強引にロケ地へ向けて出航してしまう事にした。
 ロケ地と定めたのは、地図にも記されていない未開の地「髑髏島」。島に上陸した一行は原住民に「トレ・コング」と恐れられている獣の咆哮を耳にしたのだった――。



 えー、正直言って、私は「キングコング」のオリジナルも、その後のリメイク作品も見た事はありません。
「キングコング」と言われて思い浮かぶのはパチンコ屋の看板。さもなければ、『女の人を鷲掴みにしたキングコングが、どこかの高いビルだか塔だかのてっぺんに掴まっている姿。多分、映画のクライマックス。』だけでした。どうしてそー云う事になってるのかも知りません。
 この程度の知識だったのが幸いしたのか、私にとっては最初から最後まで面白い映画でした。不思議に思う点がいくつかあるとしても、ね。でも…他の方の感想なんかを読み漁ってみると、オリジナルを知っている人にとっては賛否両論のようですね。

 さて、ネタバレしつつ感想いきます。
*これも長文になっちゃってます(^^;)
 
 

続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

早瀬

早瀬

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。