きょうのできごと。

日々の戯言。 撮った写真とかの投げ込み場所。

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スウィーニートッド・悪魔の理髪師】

腕の良い理髪師、美しい妻と可愛い娘。
市場で見かけた美しい女に横恋慕し、理髪師に冤罪を掛けて投獄し、その妻を盗み取った判事。
15年の歳月が流れ一人の男が船着場に足を下ろす。
右手に銀の剃刀携えて、狂気と復讐の虜になった男がすくうは、フリート街。


刑期終えて釈放された所から始まったのかと思ったら、どうも脱獄したらしいですね?
いやまぁ、そんな事はどうでもいいですが。

スプラッターだろうなとは思いつつ見に行ったのですが、うん、スプラッター。
ザックザック殺人が行われ、それがパイになりとやはりえぐかったです。
苦手な類の映画を何故見に行ったんだろうなぁと思いつつ、ロンドンの風景とか画がやはり雰囲気があって綺麗でした。
うん、町並みとか見たかったんだろうなぁ。それが一番。
スウィーニーの狂気を象徴するように、暗く沈んだ青を基調にした霞んだ世界は雰囲気満点でした。

まぁこうなるんだろうな、という予想点を違えることなく話が進んだので、その辺りは意外性も何もないのですが、最後に娘と船乗りの青年はどうなったんだろうなぁと。
その辺りはちょっと気になりました。
関係者は皆死んでしまったので、あの殺人者スウィーニーが自分の父ってのは解らないままかな。
若いのはどこかで幸せになっくれたら良いなと思いつつ、あんな場面を目撃してしまうと心にトラウマが残りそうだなと思います。 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hayasenagaru.blog8.fc2.com/tb.php/324-c4d90c81

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

早瀬

早瀬

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。