きょうのできごと。

日々の戯言。 撮った写真とかの投げ込み場所。

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対物賠償保険を使う?2

 お昼から警察署まで行ってきました。お相手さんとは署で落ち合います。
 昨日ちょっと顔を見ただけなんで、相手が判るだろうかと密かに危惧していたものの、玄関入って来られた途端に判りました。や、むしろ相手が私を判ってなかったかもね。昨日はメット(フルフェイス)被ってたし。…いや、会話してる時、メットは脱いでるか。でも…会話もあっという間だったからメット被ったままだったかも。いや、しかし…。
うわぁ、そんな事も覚えてない(汗) やっぱり動揺してるなぁ…。多分、メットは脱いでただろう。被ったままだったら、失礼だよな。だいたい喋り辛いし。

 さて、警察署で免許証と車検証と自賠責の証書を提出。警察さん、用紙に事故の場所や時間、それぞれの同乗者の有無や身元についてなどを聞き取り記入して、それから車とバイクを見ました。車の傷の位置と数を確認して用紙に車の絵を書いてそこに記入。
「何処が車に当ったの?」とか聞かれて「多分ミラーかハンドルのグリップが擦ったんだと思います」とか答えながらバイクも検分。「あの車の下の方の傷はどこでつけたの?」「あんな位置に傷を付けれるのはステップかその辺りかと… ……でも、つかないと思うんですけど(^^;) 解りません」って感じでした。確定できなくて役立たずだな、私。
 だって、車と接触したんだと理解したの、止まって自分の横にあるのが車だと認識してからだもの。思い返すに、こうだったんじゃないかな?としか言えません。
 あ、でも車、黒い筋状の汚れが既に綺麗に落とされててビックリしました。簡単に落ちるものだったのか。いや、汚れ落すの苦労したのかな?
 車両見た後は署内に戻って事故状況の概要を聞き取り。事故証明は「いつどこで誰と誰が事故をした」という事実だけを証明するもので、過失割合とかは一切触れないものだとの説明を受けて終りになりました。事故証明書はその場でくれるのではなく、請求する事によって取り寄せるんですね。

 警察への用が済んだので、その場で保険のサービスセンターに電話して事故受付をしました。
 尋ねられるままに保険証券番号とかの必要事項を伝え、事故状況も概要を伝える。相手方の保険屋については、本人に電話を変わってもらって、こちらの保険屋さんと話してもらいました。
 この件に対する担当が決まりしだい私に連絡が入り、あとは保険屋さんに交渉を進めていってもらう事になるようです。その後は随時連絡が入ってくるだけなのかな?


 さて。事故当時、加害者が全額こちらで払いますと言っていたのに、保険屋を通すようになったとたん態度が豹変した。とか云う話しをよく耳にしたり目にしたりします。
なんとなく、その気持ちが判った。悪い意味でなく、ね。いや、まぁ悪い意味で豹変する人も確かに居るんでしょうが。そうじゃない場合もあるぞ、と。
 警察署に行くまでは、本当に私の不注意で相手に悪いことしたなぁと思ってたんですが、話しを聞くほどに納得のいかない点が出てくるんですよ。私は相手の車を全く認識していなかったので、見落としていたのかもしれないと思い反省していたんですが。当然だといわんばかりに高圧的に「10:0」を主張されるとなぁ…。そうかなぁ?相手の主張と自分の主張を擦り合せると齟齬が生じる……。それはちょっと有り得ないような……。
こう云うのって、双方の保険屋さんはきちんと調査して擦り合わせて考察して答えを出すのかな? 知り合いを通してあと何件か修理の見積もりを取ってみようかと言ってくれてる辺り、修理費を安くあげようとしてくれてるんだろうか。そうなら良い人だなぁとかも思うんですが。

 さて。私に、私の一方的な過失じゃなかったんじゃないかと思い直させた原因ですが。  
 
 私は、私が見落としていたと思われる相手の車が何処から出て来たのかを知りたかったわけですが、相手の説明によると「停車していた車にバイクがぶつかってきた」そうです。
 そうか、最初っから停車していたんなら、私がうっかり見落としていたのかな?と思いきや、「バイクが駐車場から右折して出ようとしているのに気がついたので、止まって待っていた」とのこと。
 ……右折して自分と同じ進行方向へ走り出そうとしているバイクなり車なりを先に行かそうとするなら、普通、その相手より手前の位置で止まります。相手が自分の前に安全に割り込めるように。「停車していた車にバイクがぶつかって」くるためには、少なくともバイクの正面か少し先で停車しないとそうはならないですし、流石に、目の前まで来て止まった車を見落としたりはしない。少なくとも、ぶつかる寸前までに車に気が付かないはずがない。
 だから、相手の言うことが腑に落ちない。納得できないのです。自分の注意不足を棚に上げて、相手の言葉を疑いたくなる。本当に停車していたのだろうかと。

 車が来ているのに気付いていないバイクが駐車場から飛び出してきて、慌ててブレーキを踏んだけど止まるのが間に合わず、暫くバイクと並走したうえで止まったというのなら納得するし、私が止まるまで車の存在に気が付いていなかったといわれても、多分その通りだと素直に頷くんですが。
 でも、相手は「停車している車にぶつかってきたんだから、10:0で自分には過失が無い」と主張しているので、意見を曲げる事は無いだろうし、だとすると、やっぱり本当に私の目の前で停車していたんだろうか。有り得ない、としか思えないけど…。
…あぁ、真実がわかんなくってモヤモヤするなぁ。
ってか、それが本当だとしても、バイクがぶつかってくるような位置で停車するのは過失じゃないんだろうか、とも思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

早瀬

早瀬

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。